曹操の真の姿 12(品三国/閲読中国史) | 中文系.com

曹操の真の姿 12(品三国/閲読中国史)

自分を裏切った友人に対してさえ、曹操は過去の友情を重んじた。一時期、陳宮と曹操とは極めて深い関係にあった。曹操が兗州牧(兗州の長官)に任命されたのは陳宮の功績である。その後、陳宮は呂布を徹底して助け、曹操と戦った。そして捕らえられたが、断固として降参しなかった。そこで曹操は彼のあざなを呼びこう言った。「公台よ、そなたが死んでも良いだろう。だがそなたの母君はどうなるのか!」と。陳宮は長いため息をつき、こう答えた。「孝によって天下を治める者は、人の親を傷つけない。それがしはそう聞いております。母が死ぬか生きるか、すべて貴方様次第です」と。曹操は再び尋ねた。「そなたの妻や子どもはどうなる?」と。陳宮は再び答えた。「仁政を天下に行う者は、人の子孫を絶やすことはない。それがしはそう聞いております。妻や子が死ぬか生きるか、これもまた貴方様次第です」と。言い終わると、もはや振り返ることなく、うなだれることもなく、毅然として刑に服した。曹操は涙を流し彼を見送った。陳宮の死後、曹操は陳宮の母を養い、陳宮の娘の嫁ぎ先の世話までした。彼の一族に対しては、陳宮と友人であった時代にも増して厚遇した。『三国志』には陳宮の伝記はない。この話は『呂布伝』に記されている。裴松之注では『典略』を引用し、より詳細に記載している。

shènzhìduìbèipànledepéngyǒucáocāohěnkànzhòngdāngniándeqíngchéngōngcáocāoyǒuguòduànpíngchángdejiāowǎngcáocāochūrènyǎnzhōujiùshichéngōngdegōngláohòuláichéngōngxīndebāngcáocāobèihòukěntóujiàngcáocāo便biànjiàozhedeshuōgōngtáileyàojǐndelǎoqīnzěnmebànyachéngōngchángtànshēngshuōchénmǒutīngshuōxiàozhìtiānxiàzhěhàirénzhīqīnlǎoshìshìhuóquánzàimínggōngnínlecáocāoyòuwèndelǎopoháiziyòuzěnmebànnechéngōngyòushuōtīngshuōshīrénzhèngtiānxiàzhějuérénzhīhòulǎopoháizishìshìhuóyóumínggōngkànzhebànleshuōwántóuhuíángshǒujiùxíngcáocāoliúzheyǎnlèiwèisòngxíngchéngōnghòucáocāoshànyǎngledelǎoháibāngzheérjiàleduìmenjiādāngchūshìpéngyǒushíháiyàohǎo。《sānguózhìmianméiyǒuchéngōngdezhuànzhèshìshìzàizàizhuàndepéisōngzhīzhùyǐndiǎnlüè》,shuōdegèngxiáng

どうやら、曹操は度量の大きな人物であったようだ。

kànláicáocāoshìkuānhóngliàngde

しかし、この度量の大きな男は、一方で自分本位であり、計算高く、恨みは必ず晴らし、手段を選ばない人物でもあった。彼には殺すことを躊躇するような人間はおらず、殺せない人間もいなかった。『三国志・武帝紀』裴松之注で引用された『曹瞞伝』によると、彼は兗州にいた時に高名な辺譲を殺している。辺譲は陳留の出身で、博学で弁舌の才があった。一時期、その著書『章華台賦』は至る所で語り継がれていた。大将軍何進から召し出され、蔡邕、孔融、王朗らの名士からも高く評価されていた。九江太守を務めた経験があり、その後は官職を辞して自宅にいた。辺譲自身も名士であったため、曹操のような宦官の養子をあまり認めていなかった。自分のような名のしれた者に対して曹操が何かできる度胸はないと思い込み、曹操を侮辱し、無礼なことを言っていたのであろう。この時、曹操はまだ宰相になっておらず、鷹揚に度量ある態度を取ることもできなかったことを誰が知っていただろうか。曹操は頑として辺譲を殺し、その家族をも殺したのである。沛相である袁忠と沛の出身である桓邵も曹操を軽蔑していた。辺譲が殺された後、彼らは交州に逃げ込んだが、家族は虎口に陥ってしまった。その後、桓邵は自首し、曹操の前に跪いて許しを乞うたが、曹操は憎々しげにこう言った。「跪けば死を免れることができると?そんなことはあり得ない。」と。桓邵は引き出され、斬首された。

dànshìzhègekuānhóngliàngderénquèyòuxīnxiōngxiázhǎijīnjīnjiàoérqiěyǒuchóubàoshǒuduànméiyǒushénmegǎnshāderénméiyǒushénmeshābuliǎoderénsānguózhì·péisōngzhīzhùyǐncáománzhuàn》,dāngniánzàiyǎnzhōushíjiùshāledǐngdǐngmíngdebiānràngbiānràngchénliúrénxuéyǒubiàncáisuǒzhùzhānghuátáichuánsòngshíjiāngjūnjìncéngzhēngzhàocàiyōngkǒngróngwánglǎngděngmíngshìdōuwéituīchóngběnrénzuòguòjiǔjiāngtàishǒuhòuláiguānzàijiābiānràngshìmíngshìránkàndecáocāozhèhuànguānyǎngdeérzinénghěnshuōlexiēgōngdehuàwéicáocāogǎnzhègemíngrénzěnmeyàngshéizhīshídecáocāoháishìzǎixiāngziliháichēngliǎochuánhànránshāleérqiěháishālejiāpèixiāngyuánzhōngpèirénhuánshàokànbucáocāobiānràngbèishāhòuliǎngréntáodàojiāozhōujiārénquèluòkǒuhòuláihuánshàoshǒuguìzàicáocāomiànqiánqiúráocáocāoquèèhěnhěndeshuōxiàguìjiùmiǎnmadāngránnéngjiéguǒhuánshàobèituīchūzhǎnshǒu
Bitly

次のページ

前のページ

『品三国』トップページへ戻る

コメント