曹操の真の姿 10(品三国/閲読中国史) | 中文系.com

曹操の真の姿 10(品三国/閲読中国史)

しかし、曹操は氷のように態度を豹変させることもある。例えば許攸は自らを死に追いやったようなものである。彼は過去の功をいつまでも頼みとし、曹操に対しあまり敬意を払わなかった。彼は衆人環視の中よく曹操に冗談を言い、あまつさえ曹操を幼名で呼び、「阿瞞や、私がいなければ君は冀州を手に入れることはできなかった」とまで言った。曹操は表面上は笑って「そうだそうだ、君の言う通りだ」と言っていたが、腸は煮えくり返っていた。後日、曹操が鄴を攻略した際、許攸は鄴の城門を指し、曹操の周辺の者に向かってこう言った。「私がいなければ、こいつはこの門をくぐれなかったぞ!」と。曹操はついに堪忍袋の緒が切れた。官渡の戦いでは、曹操には危険が迫っており、許攸の無礼にも耐えるしかなかった。しかしもはやその必要はない。こうして曹操は迷わず彼の命を奪ったのであった。

dàncáocāohuìfānliǎnbúrènrényōujiùyǒudiǎnzhǎoshìjiùyòushìgōngzhíduìcáocāobúmegōngjìngchángchángdāngzhezhòngréncáocāokāiwánxiàoshènzhìzhícáocāodexiǎomíngshuōāmányaméiyǒujiùbudàozhōulecáocāobiǎomiànshàngxiàozheshuōshìyashìyashuōdeduìyaxīnquèhèndeyǎoqiè齿chǐhòuláicáocāogōngxiàchéngyōuyòuzhǐzhechéngchéngménduìcáocāoshēnbiānderénshuōzhèjiāhuoyàobúshìyǒulejiùjìnbuliǎozhègemén lacáocāo便biànzàinéngróngrěndāngniánzàiguāncáocāowēizàidànduìyōudefàngzhǐhǎorěnleyòurěnzhèhuìrjiùméiyǒuzhègeyàoleshìcáocāo便biànháobuyóudeyàoledexìngmìng

先述の2つの話はいずれも『三国志』に記載はなく、裴松之の注でのみ見られ、前者は『后妃伝』、後者は『崔琰伝』におけるものである。しかしその注は、同一の書物、すなわち魏の人である魚豢の編纂した『魏略』から引用されたものである。このことから、同じ本の中ですら、曹操には2つの異なる印象があることがわかる。

qiánmiànjiǎngdezhèliǎnggeshidōubújiànsānguózhì》,érjiànpéisōngzhīdezhùqiángeshibèipéisōngzhīzhùzàihòufēizhuàn》,hòugeshizhùzàicuīyǎnzhuàn》。dànsuǒyǐnquètóngchūshūjiùshìwèiguórénhuànsuǒ zhuànwèilüè》。jiàn便biànzàitóngběnshūlicáocāoyǒuliǎngzhǒngxíngxiàng

実のところ、さらに不可思議なことがある。

shíháiyǒugèngdeshì
Bitly

次のページ

前のページ

『品三国』トップページへ戻る

コメント