おじいさんは元気ですか?(『Aは「どんな」だ』)(逆引き中国語文法講座 2) | 中文系.com

おじいさんは元気ですか?(『Aは「どんな」だ』)(逆引き中国語文法講座 2)

表現したい文

1)<肯定文>Aは「どんな」だ。
2)<疑問文>Aは「どんな」ですか?
3)<否定文>Aは「どんな」ではありません。

対応する文法

1)<肯定文> A hen3 B 。(AはBです。)
2)<疑問文> A B ma0? (または) A B bu0 B ?(AはBですか?)
3)<否定文> A bu2 B 。(AはBではありません。)

※「B」は形容詞
※肯定文の場合、形容詞の前に「hen3」のような副詞が必要。※後述の「気になるポイント」参照
※疑問文、否定文の場合、形容詞の前の副詞は必要に応じてつける。(なくてもよい)

答え方

1. <肯定文> hen3 B。(Bです)
2. <否定文> bu2/4 B。(Bではありません)

新出単語

最近zui4 jin4:最近
那里na4 li0:そちら、あちら
天气tian1 qi4:天気
hao3:良い、元気である、健康である
不太bu2 tai4:あまり~~ではない
爷爷ye3 ye3:祖父(父方の祖父)
谢谢xie4 xie4:ありがとう

<新出単語一覧>

例文

最近你那里天气好吗zui4 jin4 ni3 na4 li0 tian1 qi4 hao3 ma0?最近そちらの天気は良いですか?
不太好bu2 tai4 hao3。あまり良くないです。
你爷爷好吗ni3 ye3 ye3 hao3 ma0?おじいさんは元気ですか?
他很好ta1 hen3 hao3谢谢xie4 xie4。元気です。ありがとう。
你现在忙不忙ni3 xian4 zai4 mang2 bu0 mang2?いま忙しいですか?
非常忙fei1 chang2 mang2。とても忙しいです。

応用

『「どんな」だ』の程度を強める場合には形容詞の前に下記のような副詞をつける:

非常fei1 chang2:非常に、大変
zhen1:本当に、たしかに

気になるポイント:「很」の扱いに注意

中国語文法のルール上、形容詞の前には程度を表す副詞をつけることになっている。hen3」は形式的に用いられるもので、本来の「とても」という意味はない。形容詞の程度を強調するニュアンスが特に必要ない場合は機械的に「hen3」を使用する。ただし、会話で「hen3」を強調して発音した場合には「とても」という意味が出てくる。
なお、「hen3」をつけずに「A B」という構成にすると、他の誰か/何かと比較して『「どんな」だ』というニュアンスが出てくる。
例:
他忙ta1 mang2。:(他の誰かと比較して)彼は忙しい。

関連文法

「A 是 B 吗?」と「A 是不是 B ?」の違いは?

戻る

コメント