【中国の教科書で学ぶ中国史】第一単元 第3課 太平天国運動 3:天京陥落【和訳付】 | 中文系.com

【中国の教科書で学ぶ中国史】第一単元 第3課 太平天国運動 3:天京陥落【和訳付】

第3课 太平天国运动 3

第3課 太平天国運動 3

天京陷落

定都天京后,太平天国在军事征战和制度建设上取得了重大成就,但领导人开始享乐腐化,争权夺利。1856年秋,杨秀清逼洪秀全封他为“万岁”,意图篡位。结果杨秀清被杀,韦昌辉被处死,石达开率部出走,太平军损失惨重,人心士气受到严重影响。天京事变使太平天国由盛转衰。
为了改变不利局面,洪秀全封从香港来到天京的洪仁玕写成《资政新篇》,提出向西方学习、改革内政等一系列政治、经济、文化、外交主张,得到洪秀全的赞赏。但由于受当时历史条件的限制,《资政新篇》未能付诸实践。陈玉成、李秀成等协同作战,先后取得浦口、三河大捷,但未能从根本上改变军事上的不利局面。
1860年,曾国藩的湘军包围安庆。陈玉成和李秀成率部救援失败,安庆陷落。后来,陈玉成被俘就义。李秀成率太平军攻克杭州,进逼上海,遭到华尔率领的洋枪队和李鸿章率领的淮军的抵抗和反扑。
1862年,湘军围困天京。李秀成从浙江、上海回师救援。太平军与敌军激战40多天,最终未能解除湘军对天京的威胁。1864年夏,洪秀全病逝。湘军轰塌城墙,冲入城内。守城将士与敌人展开巷战,大部分战死,其余突围。天京的陷落,标志着轰轰烈烈的太平天国农民运动的失败。
太平天国起义是中国历史上规模最宏大的一次农民战争。由于农民阶级的局限性,太平天国无法提出切合实际的革命纲领,无法制止和克服领导集团的腐败,也无法长期保持领导集团的团结。但它坚持斗争14年,转战大半个中国,沉重地打击了清朝的统治和外国资本主义侵略势力,谱写了中国近代史上壮烈的一章。

天京陥落

天京を首都に定めた後、太平天国は大きな軍事的戦闘と制度構築において大きな成果を上げたが、指導者たちは享楽に耽り、堕落し、権力争いを始めるようになった。1856年秋、楊秀清は君位簒奪を目論み、「万歳」に封じることを洪秀全に迫った。その結果、楊秀清は殺され、韋昌輝は処刑され、石達開は軍を率いて逃げた。太平軍は大きな損失を被り、人心や士気に深刻な影響をもらたした。天京事変を機に太平天国は衰退していくこととなる。
不利な状況を変えるため、洪秀全は香港から天京に来た洪仁玕を起用して『資政新篇』を書かせた。洪仁玕は西洋に学ぶことや内政改革など、政治・経済・文化・外交の一連の考えを提起し、洪秀全に評価された。しかし、当時の歴史的制約から、『資政新篇』を実践することはできなかった。陳玉成と李秀成は協調して戦い、浦口と三和で大きな勝利を収めたが、不利な軍事的状況を根本的に変えることはできなかった。
1860年、曾国藩率いる湘軍は安慶を包囲した。陳玉成と李秀成は部下を率いて救援に向かったが失敗し、安慶は陥落した。その後、陳玉成は捕らえられ、犠牲となった。李秀成は太平軍を率いて杭州を攻略し、上海に迫ったが、華爾率いる洋銃部隊と李鴻章率いる淮軍の抵抗と反撃に遭う。
1862年、湘軍が天京を包囲すると、李秀成は浙江・上海から救援に戻った。太平軍は40日以上に渡り敵軍と激戦を繰り広げたが、天京に対する湘軍の脅威を排除することはできなかった。1864年夏、洪秀全が病死。湘軍は城壁を爆破し、城内になだれ込んだ。城を防衛する将兵は市街戦を展開し、そのほとんどが戦死、残りは包囲を突破し血路を開いた。天京の陥落は、太平天国の激しい農民運動の敗北を意味した。
太平天国の乱は、中国史上最も大規模な農民による戦争であった。農民階級の限界により、太平天国は現実的な革命綱領を打ち出すことも、指導者層の腐敗を防止、克服することも、そして長期的に指導者層の団結を維持することもできなかった。しかし、14年にわたる闘争に耐え、中国の大半を転戦し、清朝による統治と外国資本主義の侵略勢力に打撃を与え、中国近代史に勇壮な一章を記したのである。

次ページ

前ページ

目次

出典:
『中国歴史 八年級 上冊』
(中国の義務教育用歴史教科書 中学2年生向け)

コメント