【中国の教科書で学ぶ中国史】第一単元 第1課 アヘン戦争 1:アヘン密輸と林則徐の禁令【和訳付】 | 中文系.com

【中国の教科書で学ぶ中国史】第一単元 第1課 アヘン戦争 1:アヘン密輸と林則徐の禁令【和訳付】

第1课 鸦片战争 1

第1課 アヘン戦争 1

1842年8月29日,清政府的谈判代表在英国人起草的《南京条约》上签字画押,停泊在南京江面的英国军舰皋华丽号上响起了三声礼炮。这标志签字仪式的结束,也标志第一次鸦片战争的终结。我们不禁要问:英国为什么要发动这场战争?清军为什么会在战争中失败?《南京条约》包括哪些内容?为什么说鸦片战争是中国近代史的开端?

1842年8月29日、清朝政府側代表はイギリスが起草した『南京条約』に調印し、南京江に停泊していたイギリス軍艦コーンウォリス号が3回の礼砲を撃った。こうして調印式が終了し、第1次アヘン戦争は終結した。当然、ここで我々は次の疑問を持つ。なぜ、イギリスはこの戦争を始めたのか?なぜ、清朝軍は敗れたのか?『南京条約』はどのような内容だったのか?なぜ、アヘン戦争が中国近代史の始まりなのか?

鸦片走私与林则徐禁烟

鸦片战争爆发前,清朝统治下的中国危机四伏。西方已经进入资本主义时代,英国成为头号工业强国,并不断向外进行殖民主义扩张,掠夺殖民地。英国为了开辟海外市场,向中国运来呢绒、布匹,但遭到中国男耕女织式的自然经济的排斥,严重滞销。而中国向英国输出的茶叶、生丝等,销路旺盛。在正当贸易中,中国处于明显的出超地位。为了改变这种不利局面,英国向中国大量走私鸦片。从18世纪末到鸦片战争前夕,走私到中国的鸦片达40多万箱*,从中国掠走3亿至4亿银元。

*每箱鸦片重50或60千克,40多万箱鸦片共2000多万千克。

鸦片泛滥给中华民族带来深重灾难。白银大量外流直接威胁到清政府的财政;许多官员、士兵吸食鸦片,不但严重摧残了他们的体质,更导致政治腐败和军队战斗力削弱。这些都引起统治阶级中一些有识之士的重视。1838年底,道光帝主禁烟的林则徐为钦差大臣,前往广东查禁鸦片。

林则徐到广州后,派人明察暗访,缉拿烟贩。英、美等国商贩被迫陆续缴出鸦片110多万千克。在林则徐的主持下,1839年6月3日至25日,收缴的鸦片在虎门海滩被当众销毁。虎门销烟是中国人民禁烟斗争的伟大胜利,显示了中华民族反抗外来侵略的坚强意志。

アヘン密輸と林則徐の禁令

アヘン戦争勃発前、清朝統治下の中国は危機に瀕していた。 西洋はすでに資本主義の時代に入り、イギリスは第一の工業大国となり、植民地主義に基づく対外拡張を続け、植民地からの搾取を行っていた。海外市場を開拓するため、イギリスは毛織物や布を中国に持ち込んだが、男耕女織による中国の自然経済から排斥され、売れ行きは停滞した。一方、中国からイギリス向けに輸出された茶や生糸は売れ行きが良かった。公正な貿易においては、中国は明らかに貿易黒字であった。 この不利な状況を変えるため、イギリスは大量のアヘンを中国に密輸した。 18世紀末からアヘン戦争前夜にかけて、40万箱以上*のアヘンが中国に密輸され、中国から3億〜4億銀元を略奪した。

**アヘンは1箱50~60kgほどあり、40万箱以上で合計2000万kg(20万トン)以上になる。

アヘンの蔓延は、中華民族に深刻な災厄をもたらした。大量の銀の流出は清朝政府の財政を直撃し、多くの官僚や兵士がアヘンを使用したため、健康を著しく害しただけでなく、政治の腐敗や軍の弱体化をも招いた。こうした状況を、支配階級の一部の有識者たちが問題視するようになった。1838年末、道光帝はアヘン禁止を強く主張する林則徐を欽差大臣として広東に派遣し、アヘンの取り締まりに当たらせた。

林則徐は広州に到着すると、人を派遣し、あらゆる手段を講じてアヘン売人を捉えた。英米の商人たちは、110万kgを超えるアヘンを次々と引き渡さざるを得なかった。林則徐の指揮の下、1839年6月3日から25日にかけて、押収したアヘンを虎門海岸で公開処分した。 虎門でのアヘン処分は、中国人民のアヘンとの闘いにおける大きな勝利であり、外国の侵略に抵抗する中華民族の強い意志を示すものであった。

次ページ

前ページ

目次

出典:
『中国歴史 八年級 上冊』
(中国の義務教育用歴史教科書 中学2年生向け)

コメント