横琴粤澳深度合作区建设总体方案 | 中文系.com

横琴粤澳深度合作区建设总体方案

横琴粤澳深度合作区建设总体方案(héng qín yuè ào shēn dù hé zuò qū jiàn shè zǒng tǐ fāng àn)

■訳語
横琴・広東・マカオ深度合作区建設の全体方案
■概要
横琴・広東・マカオ深度合作区の実施範囲は、横琴島の「第一線」と「第二線」の間の税関管制区域で、総面積は約106平方キロメートル。横琴とマカオ特別行政区の間を「第一線」、横琴と中華人民共和国境内のその他地域の間を「第二線」とする。
マカオ大学横琴キャンパスと横琴港のマカオ管轄区域は、全国人民代表大会常務委員会の授権により、マカオ特別行政区政府が管理し、マカオの関連制度や規則を適用し、物理的に他の区域とフェンスで隔離される。広東省とマカオは、電子フェンス(※)による監視とリスト方式を採用し、共有区域を共同で協議・構築・管理し、条件を満たす市場主体に対し特別政策を実施する。
横琴・広東・マカオ深度合作区の戦略的位置づけは、マカオ経済の適切で多元化された発展を促進する新たなプラットフォームであり、マカオ住民の生活と雇用を促進する新たな空間であり、「一国二制度」の実践を充実させる新たなモデルであり、広東・香港・マカオのグレーターベイエリアの建設を促進する新たな高地でもある。

※電子フェンス:全島に配置された270台のフロントエンドカメラが島の税関管制エリアのリアルタイム映像を「第二線」側に配置された監視センターに送信する。税関はIoTによる監視、インテリジェント・ゲートによる制御、ラウンドアップのインテリジェントビデオによる監視、電子帳簿による監督などにより、全天候型、全方位型、インテリジェント型のエリア管理を実現。
出典・参考

中国語用語集へ戻る

コメント