【中国雑学】福建の「建」とは、どこを指しているのか? | 中文系.com

【中国雑学】福建の「建」とは、どこを指しているのか?

福建の「建」とは、どこを指しているのか?

答え:建州(現・建甌)を指す。

中国の省名には、命名時にその地域で最も重要かつ有名な2つの地名からそれぞれ1字ずつ取って組み合わせたものがある。

例:
・安徽省:安慶の「安」と徽州(現・黄山)の「徽」
・甘粛省:甘州(現・張掖)の「甘」と粛州(現・酒泉)の「粛」

同じように、福建省の「福」は福州を指し、「建」は建州(現・建甌)から取られている。

古代建州は、福建省北部、閩江上流、武夷山南東、鷲峰山脈北西に位置していた。唐の時代、建州は福建の第一の州であり、その行政中心地は現在の建甌市にあった。建甌市は現在の福建省において最大の陸地面積を持ち、閩北地方で最大の人口を持つ県級市である。宋・元の時代には、建甌は全国の木版印刷の中心地の1つとなり、建窯で作られる「建盞」の茶碗は、中国はもちろん、日本や韓国でも知られるようになった。

戻る

コメント